上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日にかえりたい / 小野リサ

ボサノバは一般的には聴き易く感じられる反面、聴き流されやすい。悪く言えば邪魔にならない音楽というか。勿論そういった状況に必要な音楽もあるのだろうが、やはり本物は違うという。


小野リサはもはや誰でも知っている、日本を代表するボサノバシンガーであることは自明であるけれど、自分は数年前までは積極的に聴くことはなかった。彼女の声があまりにもボサノバに合っているのでイージーに感じてしまい、しまいには退屈してしまうからだった。見方が変わったのは彼女が初めて日本語で歌った「「シ・ア・ワ・セ」という曲(97年発表のアルバム『エッセンシア』に収録)を聴いてからだ。


彼女は本当に無理なく、自然に伸びやかに日本語もハワイアンもイタリア民謡も同じように歌う。彼女にとってはどれも歌うことには変わりがないんだろうと思った。それを思うようになってから、その歌声にそれまでは感じなかった説得力を感じるようになった。「あの日にかえりたい」(松任谷由美トリビュートアルバム:「Queen's Fellows」)はふとしたことから、聴いたのだが、なんだか夏の終わりを思い出す。


とりたてて思い出がある訳ではないのだが。

image
  1. 守ってあげたい / 鬼束ちひろ
  2. 14番目の月 / スピッツ
  3. セシルの週末 / aiko
  4. 甘い予感 / 井上陽水
  5. CHINESE SOUP / 原田知世
  6. 曇り空 / キリンジ
  7. あの日にかえりたい / 小野リサ
  8. 春よ、来い / 槙原敬之
  9. Valentine's RADIO / フェイ・ウォン
  10. COBALT HOUR / クレイジーケンバンド
  11. TYPHOON / ポート・オブ・ノーツ
  12. 時のないホテル / 田島貴男 (オリジナル・ラヴ)
  13. 翳りゆく部屋 / 椎名林檎
  14. 私のフランソワーズ / 大貫妙子
Released : 2002

Comment(s)

ane URL 2005-09-04 (日) 15:25 edit

先日、彼女のコンサートへ行って参りました。
子供は6歳未満は入場出来ないので今回も一人で。
今回はラテンがテーマでした。
一緒のミュージシャンの方々も素敵な人ばかりで
充実した2時間でしたよ。幸せな時間でした!

hdt as webmaster URL 2005-09-05 (月) 00:25 edit

それはうらやましい。自分もその昔ライブハウスで
ゲスト出演した小野さんをちょこっとだけ見たことが
あるのですが、MCで話す声がすでにボサノバでした。
それってやっぱりすごいこと!ですよね。

Post a Comment

サイト管理者にのみ通知する
コメント*
   
ガイドライン ||  は必ずご入力ください。尚、入力欄にHTMLタグは利用できません。またパスワードはご自分のコメントを編集する場合に使用するものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。