上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUM / Humair, Urtreger, Michelot

ヨーロッパのJazzはアメリカの其れと違うと、聴く度に思う。てっとり早く言ってしまえば、黒人の感性が成すソウルフィーリングが抑えられ、反して静謐度が高いと一般的にはいえるだろう。
このアルバムは Rene Urtreger(p), Daniel Humair(b), Pierre Michelot(ds) のフランス人トリオが1960、1979、1999年に行ったセッションをそれぞれCD化した3枚組になっている。1999年版の1.「Humeurs」はミシュロのゆったりとしたドラムから始まり、徐々に三人の演奏が熱を帯びていく様子は、ハードバップを下敷きにしながらもクールさを失わず、三人にどこか青い炎でも灯っているかのようだ。
また各年毎に収められている「Airegin」を聴くと、同じ曲を同じ三人で20年ごとに演奏する事の意義を思いながらつい感慨に耽ってしまうのである。

image

Disk1-1999 / 1.Humeurs 2.Peter's Dream 3.Ballade Gourmande 4.You'd Be So Nice To Come Home To 5.Impromptume 6.Le Troisieme Hum 7.Serena 8.Peter's Dream2 9.Hum-Oiseau 10.Promenade Gourmande 11.Evertime We Say Goodbye 12.Airegin
Disk2-1979 / 1.Theme Pour Un Ami 2.All God's Chillun Got Rythm 3.Ballade Au Musehum 4.Blueshum 5.The Duke 6.Airegin 7.Didi's Bounce 8.Hum Calshum 9.It Could Happen To You
Disk3-1960 / 1.Just One Of Those Things 2.Bye Bye Black Bird 3.Ah Moore 4.Monsieur De 5.Well You Needn't 6.Laura 7.Airegin 8.C.T.A.

Released : 1999

Comment(s)

Post a Comment

サイト管理者にのみ通知する
コメント*
   
ガイドライン ||  は必ずご入力ください。尚、入力欄にHTMLタグは利用できません。またパスワードはご自分のコメントを編集する場合に使用するものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。